未分類

メソセラピーとキャビテーションの特徴と違いとは

メソセラピーという言葉は聞いたことがあっても、それがどんな意味の言葉なのか、どんな特徴があるのか、効果について知らない人も少なくありません。

なのでこれからメソセラピー(脂肪溶解注射)の特徴とその魅力、キャビテーションとの違いについて紹介していきます。キレイな脚を目指したい人、お腹周りの脂肪が気になる人などは是非参考にしてみて下さい。

メソセラピー(脂肪溶解注射)の特徴

メソセラピーについて簡単に説明すると美容クリニックなどで受けることが出来る脂肪溶解注射の施術を指します。そんなメソセラピーの特徴と魅力を紹介していきます。

メソセラピー(脂肪溶解注射)とは

メソセラピーの発祥の地はフランスで、脂肪細胞に薬剤を注射する医療行為をメソセラピーと言います。

ですが日本においては脂肪溶解注射のみを指してメソセラピーを言う場合が多く、部分痩せが出来るダイエット方法といった認識です。

施術方法は言葉の通り脂肪が気になる部分に注射器を指して脂肪を溶解する薬剤を注入します。

期待できる効果は薬剤を注入した部分周辺の脂肪細胞を破壊して溶解することにより、脂肪を尿などと一緒に老廃物として排出させることです。

メソセラピー(脂肪溶解注射)の魅力

メソセラピーは効果としては脂肪吸引に近いモノがありますが、比較すると安価に脂肪が気になる場所だけダイエット効果を得ることが可能です。

脂肪吸引は体にメスを入れますが、メソセラピーなら注射器を使用するので安全で体に傷をつけることなく負担が少ないのが魅力です。

だからダウンタイムの期間も短いのが特徴で、施術後はすぐに帰宅することが出来、いつも通り過ごして問題はありません。極細の針を使うので痛みもほとんどなく、施術時間は1部位10分くらいで済みます。

また脂肪吸引は脂肪が厚い部位にしか行うことは出来ないのですが、メソセラピーは脂肪が薄い所も施術が可能です。

キャビテーションとの違いとは?

メソセラピーとキャビテーションはどちらも脂肪細胞に働きかけて部分痩せが期待できるダイエット方法の一種と言えます。

キャビテーションは肌に直接マシンを当てて特殊な超音波により脂肪を融解します。だから医療行為ではなくエステサロン、家庭用の美容機器を使用して自宅でも行うことが可能です。キャビテーションはメス、注射も使用しないので痛みがないのが魅力と言えます。

それに対してメソセラピーは注射器を使用して行う医療行為なのでクリニックでしか施術を受けることが出来ません。さらにその分ダイエット効果は高いと言えます。

まとめ

メソセラピーは注射器により薬剤を注入する医療行為で部分痩せの効果が期待できます。脂肪吸引よりも安価で気軽に行うことが出来、痛みが少ないのが魅力です。

キャビテーションも部分痩せが目指せますが、こちらは医療行為ではないのでエステでの施術や家庭用の美容器でも施術ができます。ただ効果についてはメソセラピーの方が高いと言えます。