未分類

メソセラピー(脂肪溶解注射)で(顔・おなか・太もも・おしり・二の腕)への効果が得られる回数の目安は

脂肪を溶かす特殊や薬剤を利用する美容施術であるメソセラピーは低リスクで高い効果があるダイエット方法として高い人気を博しています。

比較的短期間で効果が現れ明日が、具体的にはどの程度施術を受けることで効果が実感できるのでしょうか。詳細を詳しく解説していきます。

顔まわりの施術回数の目安は?

顔周りのメソセラピーは薬剤が他の箇所と比較してすぐに浸透することや、溶けた脂肪がいち早く排出されることなどから比較的少ない回数・短期間で効果を実感できます。

個人差はあるものの概ね1週間に1回のペースで通院して施術を行い、3回目の施術を終える頃にはほとんどの人が効果を実感できるでしょう。

もともとの脂肪の量や施術を施す箇所によってメソセラピーが必要な回数に差が生じます。箇所や個人差次第では1回目の施術で効果を感じることもありますし、逆に5回程度施術を受けなければ効果を実感できないこともあります。

特に顎や頬などの脂肪が溜まりやすい場所のメソセラピーの場合は3回以上施術を受けなければならないケースも多いことを覚えておきましょう。

おなか・太もも・おしり・二の腕の施術回数の目安は?

おなかや太もも、おしりや二の腕などは顔と比較すると施術の対象範囲が広範囲ですし、脂肪の量も多いため、施術の回数や施術完了までの期間が比較的長くなります。

脂肪の量や施術箇所、個人差などによって効果を実感するまでの回数に差がありますが、比較的脂肪が少ない場合でも最低で4回程度メソセラピーをしなければ効果は実感しにくいでしょうし、平均すると5回から8回程度施術を受けることで効果を実感できるケースが多くなっています。

なお、これらの部位は薬剤が浸透して脂肪が溶け出すまでにやや時間がかかりますし、溶けた脂肪が排出されるまでにも時間がかかります。

加えて施術後は1週間程度施術箇所に痛みや腫れなどの症状が現れるため、1週間程度のダウンタイムが必要なことを覚えておきましょう。

ダウンタイムが必要なことと、薬剤が効果を発揮するまでに時間がかかることから、施術の頻度は最低でも2週間程度感覚を開ける必要がありますし、クリニックによっては8週間程度間隔を開けることを推奨するケースもあります。

事前にどの程度の施術を行っていくのかを担当医と相談しておくと無理なくメソセラピーを続けていくことができるでしょう。顔への施術と比べると施術完了までの負担が大きいので、安心・信頼できるクリニックを選ぶことが肝心です。

まとめ

メソセラピーは脂肪吸引手術などと比較するとダウンタイムが短いので低負担でダイエットができますし、比較的脂肪が溜まりやすいおなかや太もも、おしりや二の腕などの箇所の施術でも数か月程度で施術を終わらせることが可能です。

信頼できるクリニック・ドクターに任せることでより確実・安心に施術をすることができるので、クリニック選びは慎重に行いましょう。